初心者でも分かりやすいhtmlメールの作り方

htmlメールは文中に画像や文字の装飾、音声や映像まで入れることができるメール形式です。個人で利用することもできますが、一般的には多数の人に一斉送信するDMなどで利用される形式でもあります。画像や文字の装飾を加えることによって、伝えたいことをより正確に伝えることができます。例えば商品の紹介をテキストだけで説明するのはとても難しいものですが、写真を張り付けてしまえば文字などいらなくなります。説明が複雑なら動画を入れてしまうのも良いでしょう。このようにhtmlメールを駆使することで効果的な宣伝をすることができ、テキストメールと比較するとコンバージョン率をアップさせやすくなります。ではどのようにしてメールを作成していったらよいのでしょうか。

テキストメールはビジネスやガラケー向け形式

テキストは非常に容量が軽いので、ガラケー(FP)のように古い端末でも問題なく表示させることができます。テキスト形式は友達とのやり取りなど、コミュニケーションの手段として利用される機会が多く、通信料もそれほどかかりません。htmlメールを友人同士でやり取りすることも可能ですが、1通作成するのに時間がかかってしまいます。装飾を加えることで面白いメールにすることができますが、それだけ内容を考えたり、レイアウトを決めたり、スピード重視のコミュニケーションにおいてはあまり用いられません。特に会社間のビジネスのやり取りなどはテキストメールで送るのが一般的にマナーです。それは容量が軽いことやセキュリティ上の問題で、テキストのほうが安全だからです。メール形式は時と場所を考えて使い分けましょう。

htmlって何?画像や動画の著作権

htmlとは、ハイパーテキストマークアップランゲージの略です。これはWebページを作るときの基礎的な言語です。メールでこの形式を採用することによって、Webページと同じようなデザインのメールを送信することができるようになります。画像や動画を利用する場合に1つ注意しておかなくてはならないのが、著作権です。htmlメールはメーラーに搭載されているツールを利用すれば、言語の知識がなくても簡単に作成できます。簡単に拾ってきた画像をメールで送信することができてしまうわけですが、そうした写真や動画には著作権があるものもあります。他人に所有権があるものを人へ送信してしまうと、著作権違反となる可能性があります。特に不特定多数の人に送信するようなDMでは、絶対に拾ってきた素材を利用してはなりません。