htmlメールを利用する際に注意するべきこと

メールには2種類の形式があります。1つは文字だけで構成される「テキストメール」。このメール形式は非常に容量が軽いので邪魔にならないのが特徴です。テキストだけで構成されるため、メールを完成させるのも簡単です。もう1つは画像や文字の装飾、音声なども加えることができる「htmlメール」です。htmlメールはテキストメールでは伝わらないようなイメージを伝えるときに適しており、企業がダイレクトメールを出すときに利用される形式です。デザイン性も重要になるため、メールを作るのに時間がかかってしまうことがある反面、読み手へのインパクトは非常に高くなります。ITツールをうまく活用することによって、従来よりもコストを抑えて高い効果を期待することもできるでしょう。

htmlメールを利用するメリット

この形式では画像を張り付けることができるため、文字だけでは表現しにくいような商品をぱっと見で伝えることができるようになります。文字を画像化することによって、Webページのようなデザインにすることもできるでしょう。広告として利用する場合は高い宣伝効果を期待することができます。リンクを張ることもできますので、簡単に別のページに誘導することもできます。受信者がhtmlに対応したメーラーを利用していないとうまく表示されませんが、よほど古いメーラーでない限りほとんどのメーラーが対応しています。文字の装飾程度であれば、容量がそれほど大きくなることもないため、注目してもらいたい点を効果的にアピールすることができます。メールソフトには簡単にメールを作ることができるツールが用意されていますので、htmlの知識がなくても問題ありません。

容量が大きくなりがちという欠点

注意しなくてはならないのが、通信量です。画像をたくさん利用すればそれだけ容量が増えてしまい、受信者する人にとってはパケットをたくさん使ってしまいます。人によってはメールの容量制限があったり、htmlメール自体を受信拒否していることもあります。高速回線のパソコンで閲覧する場合には問題ありませんが、スマートフォンなどで閲覧する場合には注意が必要です。受信者の環境によってはレイアウトが崩れる可能性がある点も注意しておかなくてはなりません。メーラーによっては利用できるhtmlタグに制限があります。うまく再現できないこともありますので、ゴチャゴチャしたメールにはならないように気を付けましょう。装飾を派手にしすぎてしまうと、伝えたいことが逆に伝わらなくなりますので、重要な要素とそうでない部分で差をつけなくてはなりません。